KnowledgeBox

KnowledgeBox

最新刊中心の書評。昔の掘り出し物もたまに書きます。その他雑感も。

歴史学の革命ー『歴史は実験できるのか』書評

歴史は実験できないーそれは長い間研究者たちの常識であった。分子生物学や物理学など、自然科学に分類される科学は実験科学である。変化する要素を一つ(あるいは複数)決めてその要素以外は全て揃えることで、考えたい要素が決定的な要因かを確かめるのだ。しかし歴史はコントロールできない。過去にタイムマシンで戻ってコントロールすることはできないし、現在のことでも倫理的な制約でできないことが多いのが辛いところだ。本書はそんな常識を打ち破ってくれる、まさに革命的な本だ。

 

 

歴史は実験できるのか――自然実験が解き明かす人類史

歴史は実験できるのか――自然実験が解き明かす人類史

 

 

 

ではどうやって実験するのか。もちろん変化をコントロールするのではない。自然が勝手に実験してくれるのだ。例えば第4章。カリブ海イスパニョーラ島は、東側はドミニカ共和国、西側はハイチと2国に分かれている。1700年代の植民地時代、ハイチはドミニカ共和国よりもはるかに強大だった。しかし現在はハイチは世界の最貧国の一つになっているのに対し、ドミニカ共和国は一人当たりの平均所得がハイチの6倍もあり、乳児死亡率はわずか0.4倍だ。この違いは、元々の自然環境の違いと、植民地時代の宗主国の違い(ハイチはフランス、ドミニカ共和国はスペイン)だと喝破し、極めて理路整然と説明していく。歴史の特徴として、時系列に説明する必要があるのだが、ジャレドの説明は、しっかりとした1本の線が通っているのだ。

 

さらに、歴史学の最大の弱点である、数値化のしにくさを克服して行く。森林破壊を深刻さで5段階に分類したり、島の年齢を3つに分類したりするのだ。大雑把すぎると思われるだろうか。しかし実際には自然科学も、モデルを使ったり、数字の小さい桁の数字は丸めたりしているのだ。これぐらいは、許容できる範疇だ。

 

さらにすごいのが第5章だ。歴史、しかもデータが少ない時代の歴史を統計学を使って紐解いて行く。アフリカの奴隷貿易がなければアフリカはもっと発展していた、という一見当たり前な事実をこれでもかと丁寧に証明して行くのだ。この章の特筆すべき点は研究の方法にある。その証拠に、筆者は研究の方法に実に16ページも費やしている。それは、因果関係が逆転していないか(貧しいから奴隷貿易で搾取されたのではないか)、第三の要因があるのではないか,また測定誤差がないか、という自然科学で考えるべきことを慎重に検討するためだ。

 

本書ではこのような例をたくさん提示してくれる。各章1つの研究で、7章ある。全て複数の似たような事例を「比較」しているので、自然科学の実験に極めて近い。他には、銀行の設立と民主主義の度合いの関係、イギリスのインド植民地統治がその地の発展を遅らせたこと、ナポレオンがドイツに強制的にもたらした平等の制度と経済発展の関係などの論文が紹介されている。全て、比較(と統計学)によって丁寧に記述されている。そして、ナラティブな説明と統計学は不可分な関係にあることもわかってくる。

 

実際に、研究のアプローチの仕方も変わってきている。第1~4章の前半を読めばわかるように、従来の研究は、ナラティブなストーリーを組み立て、統計学を用いて仮説が当てはまるかどうかを確認して行く。しかし、4章の後半~7章のアプローチを見ると、最初に統計学を使って、何らかの結果を出す。そしてこの因果関係は、ナラティブなストーリーでは絶対に人間には思いつけないものであることが多い。 例えば、

溶岩を噴出する火山がある島よりも、近くの火山から灰が風で運ばれてくる島の方が、森林破壊は進まない。そして、遠い場所から大量の塵が風で運ばれて来ない島よりも、何千キロメートルも離れた中央アジアのステップから大量の塵が東風に乗って運ばれてくる島の方が、森林破壊の進行は遅いことがわかった。

などと書かれてある。こう言う事実を見つけて、そのためのナラティブなストーリーを組み立てて行くのだ。つまり事実を見つけるためにストーリーを組むのではなく、事実を見つけた後にそれを説明するストーリーを組んで行くのだ。これは方法論の問題なので、歴史研究のアプローチを変える大転換だ。皆さんもぜひ本書を読んで、その醍醐味を味わってほしい。歴史は実験できると。

 

歴史は実験できるのか――自然実験が解き明かす人類史

歴史は実験できるのか――自然実験が解き明かす人類史

 

 

 

 

極端に生きろ!『読書という荒野』書評

 恐怖—これが、この本に出会ったときに湧いてきた、最初の感情だ。"読書術"的な本に食傷気味になっていた僕は、もう決してこの手の本を手に取るまいと思っていた。ただこの本の表紙を見ると、どう見てもただ者ではない。その上、また秋元康さんの推薦の言葉が畳み掛けるように恐怖心を煽って来る。

見城徹の読書は血の匂いがする。ただ、文字を追って『読了』と悦に入っている輩など、足元にも及ばない。書を貪り食ったものだけが知る恍惚の表情を浮かべている。著者の内臓を喰らい、口から真っ赤な血を滴らせている。

 と赤字で煽っているのだ。実際読み終わった後に表紙を見直すとわかるのだが、この本は表紙が全てを物語っており、本質が集約されている。著者の恐い表情も含めてだ。さらに、本の山に囲まれた中で見城さんが読んでいる本をよく見ると、なんと「口から真っ赤な血を滴らせている。」とは無縁そうな、西野 亮廣さんの『革命のファンファーレ』ではないか。もう表紙で即買いを決定させられる、凄まじい本だ。

 

 

読書という荒野 (NewsPicks Book)

読書という荒野 (NewsPicks Book)

 

 本書のメッセージはシンプルに2つ。「極端な人生を追体験しろ」、そしてそれによって「語彙と想像力を磨いて、全力で生きろ」だ。

 

著者が冒頭で語っているように、人の一生は平凡だ。さらに、安保闘争学生運動などに縁のない我々は、より平凡な生き方をせざるをえない。少し困ったらSNSで相談もできるし、過激な運動に身を投じる機会なんて皆無に等しい。見城さんは学生運動から逃げてしまったという猛烈な劣等感に苛まれて生きている。そんな見城さんですら大量の名文学に触れて極端な人生を代理体験しているのだから、僕たちが文学を貪るように読むのは必須だ、と強く納得させられる。

 

本書でいう極端な生き方は、極端の持たざるものと持てるものの2つだ。しかし、見城さんが紹介している作家の中で、極端に持てるものは石原慎太郎さんぐらいだ。あとはみんな極端に持たざる者だ。そしてそういう生き方をした人にしか優れた表現は生み出せない、と見城さんは論を進める。全くその通りだ。どのページだか忘れてしまったが、見城さんは「生き方を犯された」という表現を使っている。こんな表現、極端な生き方をしている人しか絶対に生み出せるわけがない。極めて象徴的な表現だ。

 

他者への想像力を磨くという点で、見城さんは差別構造を扱った小説家をたくさん紹介している。吉本孝明さん、五木寛之さんなどだ。結局のところ、差別構造の中で虐げられ極限状態の中で、想像力が最も生まれるようだ。

 

それを生かして、見城さんは異常なまでにストイックな生き方をしている。五木寛之さんの連載を買いてもらうために、メールがない時代に5日以内に感想を送り続けたり、幻冬社を立ち上げた時に周囲からの冷ややかな言葉にも関わらず、孤独な戦いを続け、今日に至っている。そんな地位も名誉も得た状態になっても、「はじめに」によると、「自己検証」、「自己嫌悪」、「自己否定」を続けているそうだ。

 

この三つの言葉を見て、僕は、「自己分析」、「謙虚さ」、「向上心」と言い換えたくなってしまう。まだまだ極端な生き方ができていないようだ。ということで、見城さんが最もおおすすめする小説から読むことにした。p165に載っている、恩田陸さんの『蜜蜂と遠雷』だ。

 

読書という荒野 (NewsPicks Book)

読書という荒野 (NewsPicks Book)

 

 

 

蜜蜂と遠雷 (幻冬舎単行本)

蜜蜂と遠雷 (幻冬舎単行本)

 

 

世界史入門決定版!『30の「王」からよむ世界史』書評

本書は、名君とされる30人の君主を通して、世界史を一気に辿る本だ。タイトルから言って、名君には時代や場所を超えた共通性があるのかと思いきや、読み進めていくとその期待が見事に裏切られていくのが本書の面白いところだ。君主が30人いれば、30人の生き方がある。とはいえ、もちろん同じ時代や同じ場所での君主はそれぞれ似たようなことをやっていることも同時にわかる。また統治するのが帝国だった場合、各民族の伝統を尊重することで統治に成功するのも共通だ。アケメネス朝ペルシアのダレイオス1世然り、マケドニアアレクサンドロス大王然り、ローマ帝国トラヤヌス帝然りである。

 

 

 

 

本書はあくまで世界史入門者向けの本だ。すでに詳しい人には、教科書にある記述も多いので少し物足りないかもしれない。しかし、国王の伝記として、教訓がたくさん得られると同時に、「この王についてもっと知りたい」というきっかけ作りとなる、と言う点で非常に良い本だ。そして著者が言う通り、この本をきっかけとして、興味を持った国王の伝記へとシフトしていこう。

 

著者の本村さんは序章で、歴史におけるタブーである「もし」について積極的に問うている。以下の4つの問いに答えられるだろうか。

もしアレクサンドロス大王がいなかったならば、ヘレニズム世界は成立していただろうか?

もし康熙帝がいなかったならば、満州族漢民族を融合する文化的土壌は築かれただろうか?

もしヴィクトリア女王がいなかったら、イギリスは大英帝国と呼ばれるほどの大国になっていただろうか?

もし善良なニコライ2世がいなかったら、民衆を巻き込むほどのロシア革命は起こっていただろうか。

結論から言うと、最初の2つはおそらくYes、後の二つはおそらくNOだ。前者は専制君主(権力を自由に行使できる君主)で、後者は立憲君主(法に拘束された権限のみをもつ君主)だという違いもある。ただし専制君主だからといって敵がいないわけではないし、立憲君主だからと言って力がないわけでもない。アレクサンドロスニコライ2世について、答えを探っていこう。残りの二つはぜひ本書を読んで確認していただきたい。

 

マケドニア王のアレクサンドロスは、父のフィリッポス2世が招いた家庭教師アリストテレスに、13~16歳の間学んだ。アリストテレスギリシアの哲学者で、アレクサンドロスに与えた影響は大きく、アレクサンドロスは文化や自然科学への関心を深めることになった。またギリシャ文学にも関心を持ち、叙情詩に登場してたくさんの敵を打ち破る英雄アキレウスに憧れていたと言われている。その影響もあってか、果敢な戦法で多くの敵を破ったアレクサンドロスは、アケメネス朝ペルシア(アジアの一部)を占領する。彼はペルシアやエジプト、小アジアの文化を尊重して、特にペルシアの宮廷儀礼や衣装は積極的に取り入れた。そして占領したアジア各地にアレクサンドリアと言う都市を建て、ムセイオンという研究施設や図書館などを通してギリシア文化を各地に広めた。彼のギリシア文化への深い造詣と、たぐい稀なる軍事指揮官としての才能を考えると、彼がいなければヘレニズム世界は成立しなかったと言っていいだろう。

 

ニコライ2世が生まれたのは、ロシアが近代化に取り残され、英仏に戦争で敗れた時代。近代化に乗り出したものの暗殺されたアレクサンドル2世、反動で反政府勢力を徹底的に弾圧したアレクサンドル3世の後を継いだ。ニコライ2世が即位してから、日本がロシアに宣戦布告し、日露戦争に発展。戦争の長期化で国民生活が逼迫した上に、事実上日本に敗北した。そして、近代化を進めるウィッテを首相に起用して近代化を推進したかと思えば今度はストルイピンを起用し徹底的に反政府勢力を弾圧した。さらに、息子の血友病を直してくれたラスプーチンを過度に重用して政治の混乱を招き、国民からの信頼は地に落ちた。この中で二月革命十月革命という二度の革命で囚われ、処刑されることになる。こう考えると、確かに二転三転する政策や、時代を見通す洞察力の低低さが原因だと思うかもしれない。しかしこの時期には、同時にドイツ、オーストリアオスマン帝国の三国でも同様に君主制が瓦解している。君主制という仕組み自体が限界を迎えていたため、ニコライ2世でなかったとしても崩壊していた可能性は高い。そのため、近年は悲運の犠牲者として、現在は見直されている。

 

本書は、30人のそれぞれに、このように問いを立て、それぞれについて説明する、という形を取っている。問いを常に意識しながら読むと、このように頭の中が整理され、世界史への理解が深まる。そしてこの本の中で特に興味を持った王の伝記をぜひ手に取ってみよう。

 

 

 

 

 

 

 

ギリシア人の物語III 新しき力

ギリシア人の物語III 新しき力

 

 

 

最後のロシア皇帝 (ちくま新書)

最後のロシア皇帝 (ちくま新書)